特定非営利活動法人ACT SAIKYO

  • ホームマーク
  • お問い合わせ
  • ファンクラブ会員募集

ACT SAIKYO BADMINTON TEAM

教えてルール

バドミントンの基礎知識

ルールが分かるともっとバドミントンを楽しく観戦できます。ここでは初心者にも分かりやすくバドミントンのルールを紹介します。

基本ルールについて

バドミントンは、1対1で対戦するシングルスと、2対2で対戦するダブルスがあります。どちらも基本的なルールは同じです。
試合は、21点3ゲームの2ゲーム先取で、サーブ権に関係なく、ラリーに勝った方に得点が入る”ラリーポイント方式”です。
サーブ権は、シングルス、ダブルスともに、ラリーに勝った方が次のサーブ権を得ます。
20対20になった場合は、2点差がつくか、先に30点を先に取った方が勝ちとなります。
※最長30-29

バドミントンは、ひとつの試合をマッチと呼び、マッチは3つのゲームで構成されています。よく間違われますが、バドミントンにはセットという呼び名はありません。

シングルスの場合
ダブルスの場合

バドミントンコートについて

①バドミントンはシングルスとダブルスで使用ラインが変わります。
シングルスは1人で戦うため、黄色のゾーンがインのエリアです。
ダブルスは2人で戦うため、シングルスよりやや広めの、外側のラインを使用します。(青ライン)
②また、サービス時のインのエリアは図の通りで、シングルスは黄色のエリアです。
③ダブルスはピンクのエリアにサービスを入れなければいけません。

  • シングルスインコート/ダブルスインコート
  • シングル/サービス・レシーブエリア
  • ダブルス/サービス・レシーブエリア

ゲームの進め方

☆シングルスの場合

A選手がコート右側からサービスをしました
  • 1. A選手がコート右側からサービスをしました。
  • 2. B選手がラリーに勝ちましたのでB選手に1点が入ります。
スコア A/0-B/0
矢印
B選手は1点(奇数)なのでコートの左側からサービスを打ちます
  • 3. B選手は1点(奇数)なのでコートの左側からサービスを打ちます。
  • 4. B選手がラリーに勝ちましたので、B選手に1点が加算され2点となります。
スコア A/0-B/1
矢印
B選手は2点(偶数)なのでコートの右側からサービスを打ちます
  • 5. B選手は2点(偶数)なのでコートの右側からサービスを打ちます。
スコア A/0-B/2

このようにラリーに勝った選手が次のサービスを行います。サービス権がなくてもラリーに勝った方に得点が入ります。
サーブを打つ位置は、自分の得点が偶数なら右から奇数なら左からとなります。サーブを受ける相手は、その対角線の場所に立ちます。

☆ダブルスの場合

ABペアのサーブから試合が始まりAがCにサーブを打ちました
  • 1. ABペアのサーブから試合が始まりAがCにサーブを打ちました。
  • 2. ラリーの結果、CDペアが勝ちましたのでCDペアに1点が入ります。
スコア AB/0-CD/0
矢印
CDペアは1点で奇数なのでコートの左側からサーブを打ちます
  • 3. CDペアは1点で奇数なのでコートの左側からサーブを打ちます。
    (この時、サーブを打つ選手は1つ前のラリーで左にいたDです)
  • 4. ラリーの結果、CDペアが勝ちましたのでCDペアに1点が入ります。
スコア AB/0-CD/1
矢印
CDペアの得点は2点で偶数なのでコートの右側からサーブを打ちます
  • 5. CDペアの得点は2点で偶数なのでコートの右側からサーブを打ちます。
    (この時、サーブはDが続けて打ちます)
スコア AB/0-CD/2
矢印
Bが1点(奇数)の左側からサーブを打ちます
  • 6. ラリーの結果、今度はABペアが勝ちましたのでABペアに1点が入ります。
  • 7. Bが1点(奇数)の左側からサーブを打ちます。
スコア AB/1-CD/2

サーブを打ったペアがラリーに勝つ(連続得点)と同じ選手が左右交互にサーブを打ちます。相手からサービス権を得たときは前回サーブをしていなかった選手がサーブを打ちます。

イン・アウトに関するルール

インの時のジャッジ

【インの時】

シャトルがラインの上に少しでもかかっていたらインとなります。
インの時のジャッジは写真の通りです。

アウトの時のジャッジ

【アウトの時】

ラインにかからず、コートの外に落ちた場合、アウトになります。
アウトの時のジャッジは写真の通りです。

アウトの時のジャッジ

線審がジャッジ出来なかったとき(見えなかったとき)は目を隠すジャッジが使われます。

反則・フォルトについて

以下の行為をするとフォルトとなり相手に得点が入ります。

☆ネットに関するルール

  • ・ネットを越えてシャトルを打ったとき
  • ・シャトルを打ち終わった後、ラケットがネットを越えたとき
  • ・プレイヤーの身体の一部がネットを越え相手コートに入ったとき
  • ・身体やウェア、ラケットがネットやネットポストに触れること(タッチザネット)

☆ドリブル

  • ・同じプレイヤーが2回続けてシャトルを打つこと

☆ダブルタッチ

  • ・ダブルスで同じペアの2人が続けてシャトルを打つこと

☆サービス時の注意

  • ・サーバー及びレシーバーがサーブ時に足が浮いてしまう
  • ・サーブを打つ時、ラインを踏む
  • ・シャトルを打つ瞬間に上向きにする
  • ・サーバーが一度サービスの体勢に入った途中で中断する
  • ・サーバーが構えてから故意に時間を稼ぐ行為
  • ・シャトルをトスする際に回転を加える

☆その他の注意点

  • ・プレイヤーが主審の許可なくコートを離れる
  • ・プレイを故意に中断し、時間稼ぎをする
  • ・シャトルをいじり、スピードをわざと変える
  • ・不愉快なふるまいをしたり、暴言を吐く
ページの上へ