認定特定非営利活動法人ACT SAIKYO

  • ホームマーク
  • お問い合わせ
  • ファンクラブ会員募集

ACT SAIKYO BADMINTON TEAM

選手・スタッフ紹介

引退選手紹介

加藤 美幸  MIYUKI KATO

加藤 美幸 MIYUKI KATO
生年月日

平成7年4月14日

出身地

岡山県

経歴

倉敷福田中学校 → 倉敷中央高等学校 → 筑波大学

戦歴

‘14~17 インカレ 団体優勝
‘15・17 インカレ 複優勝、ユニバーシアード 複3位
‘18 全日本社会人 複3位
‘19 ランキングサーキット 複2位

メッセージ

 4年間ありがとうございました。バドミントンを小学1年生の時からはじめてここまで続けられるなんて思っていませんでした。始めた頃から厳しい練習の日々でバドミントンを楽しいと思えた事は少なかったです。ただ、父母をはじめ、私を指導してくれた人たちはたくさんのエネルギーと愛情を私に注いでくれました。見放さず、支え、共に戦ってくれた人がいつも私には居てくれたからここまでやってこれたのだと思います。

山口県に来て、沢山の人に出会いました。職場では、居ないことは多いし、迷惑ばかりかけていたのに、出勤の日はいつも温かく迎えてくれて、親身になって指導していただいて、出勤することがいつも楽しみでした。応援してくださった方には、会場まで足を運んでもらって、かけてもらえる言葉に何度も励まされました。計り知れないくらい応援していただいたのに、応えることは到底できなかったけどこんな温かいチームに入れてもらえて、たくさんの人と出会えて、夢を追いかけることができて本当に幸せでした。

いざ、引退するとなって思う事は柏原とダブルスを組めて本当に良かったということです。苦しかった4年間で、上手くいかなかった事が多かったふたりだったけど、大切な存在で柏原さんとだから上を目指したいと思えたんだと思います。

これから第二の人生が始まります。バドミントンしかしてこなかったので多少不安はありますが、人との出会いを大切にし、自分で道を切り開いていきたいです。 ありがとうございました。

加藤 美幸さん
加藤 美幸さん
ページの上へ